美少女仮面ポワトリン CUTIE MEMORIAL
美少女仮面ポワトリンとは?

990年1月7日~12月30日、フジテレビ系で毎週日曜午前9:00~9:30に放送されていた
石ノ森章太郎原作の特撮ドラマ。「愛ある限り戦いましょう!命、燃え尽きるまで!!」「たとえ○○が許しても、この美少女仮面ポワトリンが許しません!」等、数々の名文句で一躍人気を獲得した。東映不思議コメディーシリーズ第11弾。
ザ・恐怖の紡績工場
京下町のフツーの女子高校生ユウコが、ひょんなことから神様に伝説の戦士「美少女仮面ポワトリン」になることを命じられ、ご町内と、ついでに宇宙の平和と安全を守るため数々の怪人たちを相手に奮闘するマジカル・ファンタジー。「オリュード」と唱えると様々な人物に変身でき、ペンダントやコンパクトを使って「コスモマジック・メタモルフォーゼ!」と唱えると赤いマスク、マント、ミニスカートを身につけ、マスクに付いた羽根で相手を威嚇し、‘ベルサーベル’で攻撃。「メタモルフォーゼ」とはフランス語で“変身”という意味。相手に名前を名乗ることを要求されると、「愛ある限り戦いましょう 命、燃え尽きるまで! 美少女仮面ポワトリン!」と決め台詞を声高らかに発する。「たとえ○○が許しても、この美少女仮面ポワトリンが許しません!」というお約束の言葉もある。戦い終えると「P」の筆記体の文字を書き記し、「ごきげんよう~」と丁寧な挨拶を残してマントをたなびかせながら去っていく・・・
美少女仮面ポワトリン VOL.1 [DVD]

ワトリン役の花島優子がはつらつとした演技を見せ、さらに柴田理恵を初めとした、脇を固める共演陣もそれぞれ個性豊かに役を演じ、脚本を担当した浦沢義雄のブラックな笑いと昔懐かしい様々な事柄との調和、奇想天外なストーリー展開に子供はもちろん大人までも楽しめる娯楽作品となった。他局でポワトリンのパロディ・コントが放送されたり、多方面に影響を及ぼす。視聴率も年間を通じて平均15%と、放送時間帯等を考慮すると驚異的な数字を記録する。
美少女仮面ポワトリン VOL.2 [DVD]

島優子は乙女塾3期生のオーディションの時に、フジテレビの原岡健一郎氏から『ポワトリン』の話が来て、東映関係者の見守る前でポワトリンのポーズとかをいろいろやらされたらしい。本人いわく「演劇をやっていたのでクサイ台詞が得意」が功を奏し、ポワトリン役に大抜擢された。「ポワトリン」をやれるのは花島優子しかいない、は自他共に認めるところだ。
美少女仮面ポワトリン VOL.3 [DVD]
ポワトリン」とはフランス語で‘胸’。赤いマスク、マント等コスチュームデザインのベースはフランスの名優アラン・ドロンが1975年に主演した映画『アラン・ドロンのゾロ』からきている。企画当初は『快傑美少女仮面イグレッグ』という仮タイトルが付けられていた。「イグレッグ」はフランス語で‘Y’を意味する。
美少女仮面ポワトリン VOL.4 [DVD]
話から28話までの旧オープニングでは、5話から若干の手直しが・・・冒頭で着地したポワトリンのマントがソフトな表現になる。また、タイトルに変わるサーベルからの光球もスリット状に変化・・・出演者の枠がシャープになる。ポワトリンが赤いスポーツカーに乗って颯爽と街を駆け抜ける・・・素顔のユウコがそれを目で追う・・・以後、主要なキャストの紹介。ユウコのポワトリンへの変身シーンに続き、スポーツカーが空に舞い上がって終了。
美少女仮面ポワトリン VOL.5<完> [DVD]
旧エンディングでは、本編に登場しないオリュードが計7回(サーベルを持った白い騎士風、紺を基調としたピエロ風、赤いテンガロンハットを被ったウエスタン・ガンマン風、『はいからさんが通る』みたいな純和風、片目にアイパッチを付けた海賊風、白い猫を抱いて頬ずりしながらお姫様風、赤いラメ入りタキシードを着たマジシャン風)。CMを挟まずにすぐにエンディングに入る。バックに流れる歌は花島優子本人のモノ。ロケ地は横浜ドリームランド。
美少女仮面 ポワトリン [レンタル落ち] 全10巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
29話以降から新オープニング。「愛ある限り戦いましょう!」と、神様がポーズを決めるところから始まる。ユウコとモモコのそれぞれの変身ポーズ、神様とディアブルの紹介もプラス。他の登場人物も、それぞれの個性がより強く打ち出されたバージョンとなっている。新エンディングでは、ディアブルからひたすら逃げまくるユウコとモモコ。ディアブルとのチェイスシーンは圧巻で、合成も多様。33話を境にバージョンが変わり、ディアブルのシルエットがシャープな形に。ロケ地はマイカル本牧他。例によってバックに流れる歌は花島優子本人の2ndシングル。
RAH 美少女仮面ポワトリン

要スタッフ
原作:石ノ森章太郎
企画:原岡健一郎(フジテレビ) 石原隆(フジテレビ) 木村京太郎(読売広告社) 小林義明(東映)
プロデューサ:日笠淳 西村政行 高寺成紀(第23話より)
監督:佐伯孚治 坂本太郎 村山新治 三ツ村鐵治 岩原直樹
脚本:浦沢義雄
音楽:本間勇輔
クレイイラスト:林恭三
劇中イラスト:野口竜
製作:フジテレビ 東映
東映魔法少女ヒロイン大集合
オープニング主題歌
17の頃
作詞:売野雅勇
作曲:本間勇輔
編曲:山本健司
歌:斉藤小百合(コロムビアレコード)


挿入歌
雨の日と月曜日が好き
作詞:池永康記
作曲:本間勇輔
編曲:山本健司
歌:斉藤小百合(コロムビアレコード)

特撮ヒロイン・ファンタジー主題歌・挿入歌大全集
エンディング曲(前期)
悲しみに一番近い場所
作詞:石川あゆ子
作曲:松本俊明
編曲:水島康貴
歌:花島優子(ポニーキャニオン)

エンディング曲(後期)
あなただけchange me
作詞:石川あゆ子
作曲:松本俊明
編曲:水島康貴
歌:花島優子(ポニーキャニオン)
美少女仮面ポワトリン メリーオルゴーランド 昭和 レトロ ジャンク品